男女

真剣に考えたい学校選び

これから医療を学びたいと思っているのであれば、その専門学校がいかに充実した環境であるかを事前に調べておきましょう。その為には、複数の専門学校を比較検討して自分に合った場所を選んでいくことが、申し込みする場所選びで重要です。

詳しく見る

臨床検査の専門家になる

勉強道具

養成学校での学習が必要

病院やクリニックは疾病等の治療を行う場所であると同時に、その準備としてさまざまな検査を行う場所でもあります。そうした検査は以前は医師自ら行うのが一般的でしたが、近年は分業体制の確立により専門家が手がける例が目立っています。そうした職種の1つが、臨床検査技師です。臨床検査技師は、心電図検査や血液検査、MRIなど各種の臨床検査を担当するスペシャリストです。これらの検査は誰でも行うことが可能ではありますが、正確な検査結果を得るためには高い専門性が必要とされることから、ほとんどの医療現場では臨床検査技師の国家資格を有する者が独占的に従事しています。臨床検査技師の国家資格を得るには、専門の養成課程を持つ大学・短大・専門学校などで学んだ後、国家試験に合格する必要があります。修業年限は3年以上となっています。養成課程で学ぶのに必要な費用は、学校ごとに異なります。費用総額のおおよその相場は、国公立大学が4年間で約250〜280万円、私立大学が約650〜700万円、3年制の専門学校が300万円前後といったところです。国家試験の受験資格を得るのに必要な履修単位数はどの学校とも共通していますが、具体的なカリキュラムの内容は当然ながらそれぞれ異なります。また、臨床検査の分野においては国家資格である臨床検査技師の他に、学会等が認定している独自の資格があります。細胞検査士・超音波検査士などがその具体例ですが、学校によってはこうした資格向けの授業を行っているところもあり、取得すれば将来の仕事の幅を広げるのに役立つとして評価を得ています。近年、臨床検査技師並みに注目を集める資格として、言語聴覚士があります。言語聴覚士は言語や聴覚に何らかの障害を抱えた人の検査や日常生活に復帰するための訓練サポートを行なう専門職です。この資格を取得しておくと、医療現場や介護現場で活躍できるので、多くの人が試験突破のために勉学に励んでいます。合格率の高い学校に進むと充実したカリキュラムが期待できるでしょう。また、国家資格ではありませんが、医療事務の仕事も近年注目を集めています。中でも医療秘書ともよばれている医師事務作業補助の職種は注目を集めています。こちらの専門学校へ行くことによって知識や技術を学ぶことが出来るので、どのような専門学校があるのか調べてみましょう。

男性

進路で悩んでいる場合には

医療機関で放射線を扱い検査や治療を行っているのが診療放射線技師です。診療放射線技師を目指すためには専門学校を選ぶ方法と大学を選ぶ方法があります。しかし、現場では同等の能力が求められるので就職に有利に働くことも多い大学への進学を目指す方が良いとされています。

詳しく見る

男の人

取得は必須

整体師になるための資格は存在しませんが、信頼を得るためには、スクールに通って取得しておいたほうがよいです。なお、資格を取得するだけではなく、就職サポートのあるスクールを選んだほうが、よりよい条件で整体師として働き始められます。

詳しく見る

男女

病院で検査を行うのが仕事

臨床検査技師はあまり一般的な職業ではありませんが、病院では治療の前に検査を行う大事な役割を果たしている職業の一つとなっています。最近では病気の早期発見が重要視されるようになっているため早期発見に大きく関わるとして臨床検査技師の重要性も高まり、やりがいがある職業として人気となっています。

詳しく見る

女性

目的の資格があるかで選ぶ

医療関係の資格を取得するには専門学校を選択することをおすすめします。ただし、それぞれ取得できる資格が異なるので、目的に合う専門学校を選ぶことが大事です。鍼灸師や柔道修復師、看護師なども医療関係の資格となります。

詳しく見る